文字サイズ 小 中 大

測量部門

建設コンサルタント部門

【基本理念】

 「新しい国土軸の形成を担い、地域の明日を拓くハイウェイづくりから、やすらぎをもたらす地域づくり、まちづくりまでそこに住む人々のための社会基盤をつくる・・・。地球温暖化を起因とした局地的水害、地震大国である我が国が抱える震災への支援など、安全・安心な地域社会を築き上げることが私たちの出来る社会貢献である」を基本理念としています。

【基本方針】

 めまぐるしく変化する社会背景の中、迅速性・高精度・高品質が望まれ、多様化する社会空間・社会基盤の基礎データ収集など社会の要求に応えるべく、最新の機器と洗練された技術者、培った経験をトータルにマネジメントし、ISOを活用した品質の優れた成果を提供します。

【基準点測量】GNSS

 電子基準点や国家三角点の既知点に基づき新点の基準位置を定まるための測量技術を提供します。ネットワーク型RTK-GNSS(VRS方式)観測を併用し、作業効率化を図っています。

基準点測量1
基準点測量2

【水準測量】

 Ⅰ等水準点等に基づいて新点の標高を定め、標高の基準となる測量技術を提供します。

水準測量1
水準測量2

【地形測量】電子平板・地上型レーザースキャナー・MMS

 現地で地形地物を測定し、数値地形図を作成する測量技術を提供します。TS(トータルステーション)又はネットワーク型RTK-GNSSを使用して測量を行います。更に地上型レ-ザ-スキャナ-やMMS(車載写真レ-ザ-測量)による三次元計測からのデータ作成も可能です。

電子平板1
電子平板2

【路線測量】

 道路・鉄道・水路等の線状築造物建設のための調査計画、実施設計等で利用される測量技術を提供します。

路線測量1
路線測量2

【河川測量】

 河川の洪水、高潮等による災害発生の防止、並びに河川の適正利用、治水及び利水の総合的な管理に必要な基礎資料を提供します。

河川測量1
河川測量2

【地籍調査測量】

 国土調査法により実施される事業で、土地計画等の基礎資料として土地に関する測量技術を提供します。またその成果は、法務局に送付され、不動産登記の記載が改められることで、一般の経済取引等の活性化にも大きく貢献します。

地籍調査測量1
地籍調査測量2

【用地測量】

 用地測量は、道路、河川、水路、ダム、公園等の新設、改修、拡幅、廃止等にあたり、用地取得等のために行います。測量区域を管轄する法務局等において調査した資料に基づいて地番ごとに境界点を明確にし、面積を算出するとともに、必要な諸資料を作成します。

用地測量1
用地測量2

【流量観測・採水等】

 河川やダムの治水・利水・環境及び洪水時の危機管理の基礎資料とするため、流量観測、採水(河川・ダム)を行い、精度の高い水文観測データを提供します。

流量観測1
流量観測2

【台帳整備】

 道路台帳、橋梁台帳、下水道台帳等の基礎資料収集と管理データ作成及びGISを活用した管理システム等の技術を提供します。

台帳整備1
台帳整備2

【その他】

【道路環境実態調査】

 交通騒音の実態を把握するため、道路端騒音、背後地騒音、交通量、平均走行速度を測定します。併せて、調査地点の写真撮影、道路構造及び周辺状況を調査します。現地調査による騒音レベルや沿道住居等の情報を用いて、沿道に立地する住居等の騒音暴露状況を把握し、快適な生活環境の基礎資料として活用されます。

道路環境実態調査1
道路環境実態調査2
【交通量調査】

 一般交通量調査は、道路及び道路交通の現況を把握するものであり、平均交通量、平均旅行速度、混雑度、車種構成などの集計を行って、今後の道路整備計画立案のための基礎的資料として活用されます。

交通量調査1
交通量調査2
Copyright © 2018 Mutsu Survey & Planning. All Rights Reserved.