文字サイズ 小 中 大

MMS

MMS

概要

 MMS(モービルマッピングシステム)による計測は、カメラやGPS、レーザスキャナ、レーダー、オドメーター(車両移動補正装置)などを搭載した車両を走らせるだけで路面の形状や周辺の建物、標識、ガードレールなどの周辺状況、また路面文字やマンホールなどの細部に至るまで全てのデータを効率的に取得できます。

 道路や道路周辺の広範囲をレーザースキャナにより、素早く正確に計測し、3次元データを取得できるためさまざまな分野の業務への活用が期待されています。

MMSの仕組み

 3台のGPS、IMU、オドメーターにより車両位置・姿勢を取得し、同期したレーザースキャナー、カメラにより、走行しながら道路面と道路周辺の3次元情報を高精度で効率的に取得します。

MMSの利用例

道路施設・道路付属の維持管理
 路面表示や道路付属物(照明、ガードレール、電柱、道路標識など)短時間で取得できます。道路周辺環境の画像と3次元点群データを元に正確な位置情報として把握することができます。
法面の形状計測(防災点検)
 法面崩壊など道路の災害予防保全として定期的な計測を行うことにより、データを比較し経年変化を把握することができます。
施設設計支援
 MMSで取得した3次元点群データを活用し、任意地点における縦断図・横断図の作成が可能です。 橋梁など構造物の下側からレーザ照射して取得した3次元点群データを重畳し、3次元設計や情報化施工に活用できます。
Copyright © 2018 Mutsu Survey & Planning. All Rights Reserved.