概要

 地上レーザースキャナによる計測は、広範囲な地形や大きな構造物などを短時間・高精度で捉えることが可能です。計測対象物の形状を3次元点群データとして取得します。

取得された3次元点群データは、計測対象物の形状測定はもちろん、3次元モデルの作成や2次元平面図・立面図・縦横断面図等への加工が可能です。

従来の測量との違い

 従来の測量は、対象箇所を一点一点計測していましたが、地上レーザースキャナーでは、地形の形状を点群で面的に計測します。取得した点群データは、3次元データとして様々な角度・方向から確認することができます。また、任意の位置で縦横断形状の確認ができ、作業時間も従来の測量より短縮されます。

地上レーザスキャナーの利用例

地形測量
 道路、河川、橋梁、トンネルなどの地形測量において計測対象物に触れずに離れた場所からの計測が可能です。交差点内や危険箇所に立入ることなく安全な場所から効率的に3次元データを取得できます。
構造物点検
 構造物全体の形状データを取得することで、メンテナンス業務における修繕箇所の確認、形状の計測など多岐に渡り利用できます。また、定期的な計測を行うことで、経年変化を確認することもできます
その他利用例
・出来形管理
・遺跡・文化財調査、デジタルアーカイブ
・森林調査(幹の長さ計測・間伐の定量化)